防犯対策にはドアノブ交換が有効|安全に暮らせる住まいをつくる

メンズ

プロに依頼しよう

家

鍵は防犯対策のために重要とされています。しかし、鍵のサイズのほとんどは小さいものであるため、紛失させてしまう人も多いのです。鍵をなくした場合は、プロに依頼して開けてもらうことができます。

詳しく見る

原因と費用

家と鍵

鍵が壊れる原因にも様々なものがありますが、中でも多い原因としては合わない鍵による故障です。プロの業者に鍵修理を依頼して直すことができます。修理をするにも費用がかかるため、費用について知っておくとよいでしょう。

詳しく見る

トラブルを解決するために

カギ

鍵を紛失してしまった経験を持つ人は沢山いるとされており、なくしてしまうことで様々なトラブルが生じてしまいます。しかし、専門業者へ連絡をして鍵を開けてもらうことで問題を解決できます。

詳しく見る

種類と注意点

玄関

鍵が壊れた時や古いものがから新しいものへと交換する時には、鍵と一緒にドアノブ交換も行なわれます。特にドアノブ交換が多い事例となるのが、引っ越しを行なった時です。マンションやアパートでは、前の住人が退出してしまった場合、基本的に部屋の鍵は管理人さんや不動産へ返すものとされています。しかし、退出した後でも合鍵などを持ったままの人も多くいることから、新しく引っ越しをしてきた住人は安全のためにドアノブ交換を行なうのです。

ドアノブには引手式やレバーハンドル式、つまみ式など様々なタイプのものがあります。マンションやアパートなどで利用されているものにはレバーハンドル式やつまみ式といったものが定番となっていますが、場所によってはオシャレなドアノブを取り付けているところもあります。ドアノブ交換は個人で行なうことが可能ですが、取り付け方法やパーツなどを間違えてしまう可能性があり、二度手間になる恐れがあるため業者に依頼して取り付けてもらうと手間もかからず綺麗に仕上げてもらえます。業者へ依頼して交換を行なってもらう場合は、掴みやすさやドアの雰囲気などに合ったものを選んで取り付けるとよいでしょう。一戸建ての場合にドアノブを交換する場合は、自分の好きなデザインの物を選ぶことは可能ですが、マンションやアパートなどには建物を管理している管理人さんが存在します。そのため、交換する場合は、前もって管理人さんに許可を取っておくようにしましょう。許可をとっておくことでトラブルを避けることができるのです。